三穂津姫

三穂津姫(みほつひめ)は、日本神話に登場するである。高皇産霊尊の娘で、大物主神あるいは大国主神の后。

日本書紀』の葦原中国平定の場面の第二の一書にのみ登場する。大己貴神(大国主)が国譲りを決め、幽界に隠れた後、高皇産霊尊が大物主神(大国主の奇魂・和魂)に対し「もしお前が国津神を妻とするなら、まだお前は心を許していないのだろう。私の娘の三穂津姫を妻とし、八十万神を率いて永遠に皇孫のためにお護りせよ」と詔した。

ミホツヒメの「ツ」は「の」の意味で、ミホの女神という意味になる。出雲の美保神社島根県松江市)で大国主神の子の事代主神とともに祀られている。丹波の出雲大神宮京都府亀岡市)では大国主神とともに主祭神となっており、大国主神の后とされている。三保の松原静岡市清水区)の入り口にある御穂神社も同様に、大己貴命(ここでは別名を三穂津彦命(みほつひこのみこと)としている)とともに祀られており、「羽衣の松」と縁が深い(御穂津彦命、御穂津姫命という表記もあり)。村屋坐弥冨都比売神社奈良県磯城郡田原本町)では大物主神とともに主祭神となっており、大物主神の后とされている。

ウィキペディア引用

大国主命(大物主命)の后神として高天原から稲穂を持って降り、稲作を中津国に広めたと謂われる三穂津姫命。后という漢字は正妻の意味です。
大国主命の正妻といえば須世理姫神を思い浮かべますが、三穂津姫神は国譲り後、
中津国の姫神が正妻であるのは信用ならぬと、国譲りの証と誓いの一つとして高天原より降ったという謂われもあるようです。
多くの妻を持った大国主大神の最期の妻であり、天津神と国津神を繋ぎ結んだ姫神であり、新しい時代の始まりの象徴の様にも感じます。