厄除け

厄除け開運祈祷

人の一生を通して心身の節目となる年齢を、古来より厄年といい、病気、災難、その他さまざまな障害が起きやすい年とされています。
お祓いを受けて無事平穏を祈願しましょう。

厄祓いの時期

今は誕生日が来ると年をとりますが、昔は正月に年神さまをお迎えして、神様の御魂を頂くのが一年の始まりで、その時に年をとると考えられていました。
そのようなわけで、昔は厄祓いをお正月にしていたため、今でも厄祓いを旧暦の正月までに行うのが一般的ですが、誕生日の近くにされる方も多いようです。
厄年の頃は、ちょうど体の変調期や社会環境の変わり目にもあたり、体調を崩しやすいものです。普段よりも健康に気を使い、かといってあまり神経質にもならずに、気持ちを落ち着かせて毎日を過ごしましょう。

平成30年の厄年表(数え年)

数え年とは、満年齢に誕生日前には二歳、誕生日後には一歳を加えた数です。

 

八方塞がり除け(八方除け)

八方塞がりとは陰陽道の言葉で、すべての方向に障りがあり、何も行えない状態になることを指します。
人は生年月日により、九つの星「九星」に分けられ、運勢を考える基本となっています。九星は、中央と東西南北・北東・南東・南西・北西の方角をめぐり、九年に一度は中央に入ります。中央に入ったその年が、自分の星の場合、他の八つの星に周囲を囲まれて、八方塞の状態になるため、八方除けのお祓いをしてその災厄を除くとされるものです。
平成30年は下記の生まれ年の方が八方塞がりの年回りとなります。
お祓いを受けて、無事平穏を祈願しましょう。

運気低迷の年に当たる方の生れ年および年齢(数え年)
※ 赤枠は八方塞。

九紫火星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星
1歳
平成30年
4歳
平成27年
5歳
平成26年
6歳
平成25年
7歳
平成24年
10歳
平成21年
13歳
平成18年
14歳
平成17年
15歳
平成16年
16歳
平成15年
19歳
平成12年
22歳
平成9年
23歳
平成8年
24歳
平成7年
25歳
平成6年
28歳
平成3年
31歳
昭和63年
32歳
昭和62年
33歳
昭和61年
34歳
昭和60年
37歳
昭和57年
40歳
昭和54年
41歳
昭和53年
42歳
昭和52年
43歳
昭和51年
46歳
昭和48年
49歳
昭和45年
50歳
昭和44年
51歳
昭和43年
52歳
昭和42年
55歳
昭和39年
58歳
昭和36年
59歳
昭和35年
60歳
昭和34年
61歳
昭和33年
64歳
昭和30年
67歳
昭和27年
68歳
昭和26年
69歳
昭和25年
70歳
昭和24年
73歳
昭和21年
76歳
昭和18年
77歳
昭和17年
78歳
昭和16年
79歳
昭和15年
82歳
昭和12年
85歳
昭和9年
86歳
昭和8年
87歳
昭和7年
88歳
昭和6年
91歳
昭和3年
94歳
大正14年
95歳
大正13年
96歳
大正12年
97歳
大正11年

 


-お問い合わせ-

村屋神社社務所:〒636-0234 奈良県磯城郡田原本町蔵堂423番地
TEL/FAX:0744-32-3308
守屋まで
E-mail