物部神社

宮司家の祖先にあたる物部守屋など物部氏の祖神を祀る

祭神:「御炊屋姫命宇麻志摩遲命 配 物部守屋連
宮司家に残っている伝承によると、古墳時代に、仏教の礼拝を巡って 大臣・蘇我馬子を中心とする崇仏派(仏教)と、大連・物部守屋を中心とする排仏派(神道)の間で起きた宗教戦争「丁未の乱(ていびのらん)」において、現在の大阪府八尾市付近で物部守屋が討死して物部軍は敗北。その後一族は現在の奈良県王寺町辺りまで敗走の後に四散し、美濃や諏訪方面に散って行きました。その中に物部守屋の長男(雄君)が息子(押勝)を連れて当時の村屋神社の宮司家(当時は室屋姓)まで逃げて来られ、しばらくの間匿っていました。その後、雄君は自分の息子である押勝を後取りのいない室屋家に託し、美濃へ発ったと記されている。物部守屋公の孫を室屋姓に変え宮司家の当主として育てられ今日まで血筋が続いているということになっている。ただし雄君も押勝も約80年後の壬申の乱で活躍した人物であるので信ぴょう性に欠ける部分もある。
また、この神社は堀で囲われ、池に浮かぶ島のように見えることから弁天信仰が起こり、市杵島姫神社(弁天さん)とも呼ばれている。島の形状から古墳説をとなえる方もおられる。