久須々美神社

倭鍛冶の祖と商売繁盛の神を祀る
(別名:恵比須神社)

延喜式内社 旧 式下郡 蔵堂
祭神 天之久之比神(アメノクシヒノカミ)
事代主神(コトシロヌシノカミ)

大国主神の子、事代主神であることから、若宮とも呼ぶ。
天之久之比神は、天津彦根命の御子にして天目一箇命(アメノマヒトツノミコト)の別名である。(『古史傳』・姓氏録)太玉命に属隷して天孫降臨の時、金工として從った倭鍛冶等の祖である。このことから、この地域に大陸から移って来た渡来人の技術者が多数住居していたたことが考えられる。
元は、今の蔵堂橋の南のたもとに鎮座、伊豫氏(伊予戸氏)の氏神であった。
この神社の南を南市場垣内(現森屋垣内)北を北市場垣内という。更に南へ行くと、幸市・市町等の小字が残る。
古道・中ツ道と筋違道の初瀬街道と交わる位置にあることから、本社祭礼に近郷から参詣者が多く、地の産物を供え、残りを交換し合って市場が出来たと云われている。
天正(1573-91)の頃、織田信長と十市氏の戦いで兵火に合い、市場衰退し、田原本藩ができることによって、商人が移住、ますます寂れることになった。明治の初めに、現在の位置に移される。
祭禮は12月23日、夕刻 青竹の先に鯛を2匹と大根、人参を吊る
して神饌とする、いわゆる三夜祭が行われていた。
本社祭禮には、壬申の乱の功があった三神を巡る御渡が行われていた。事代主神を云われるこの久須々美神社と、大安寺の森市神社(生霊神)を巡り、本社にもどっていた。元弘年間(1331-3)の兵火で社地没収され、御渡りは廃絶し、現在にいたっている。

建築について

切妻造妻入り見世棚造庇付カラー鉄板葺である。柱間48.5cm位の社殿で、自然石の基壇上に土台を廻し、方柱を建てる。柱天端は直接桁を受けている,中央板扉両開き、他面板壁、見世棚下部は正面のみ板壁、他面解放である。身舎、庇部分共板軒で、屋根勾配の緩い小社である。