社務所(旧新楽寺)

現在、社務所兼宮司宅となっていますが、元は新楽寺という神宮寺があった場所です。江戸時代末期に廃仏毀釈運動の煽りを受け廃寺となりました。今では門だけが当時のまま残っています。
また、旧新楽寺の鐘楼があった場所は、現在境内摂社の一つ「村屋神社」が鎮座している位置になります。近年この鐘楼に吊られていた梵鐘が見つかり、現在「みはら歴史博物館」にて展示されている事がわかりました。

梵鐘の拓本