代々神楽

 この神楽は、村屋神社独自のもので、代々受け継がれてきたものです。奈良県中部地区に今でも残っている神楽舞いのほとんどが、村屋神社の舞いが原形になっているか、何らかの影響をうけています。平安時代に猿楽・伎楽・舞楽のより抜き集団が住む楽戸郷がこの森屋郷(現在の蔵堂・伊与戸・大木等)にあったと「延喜式」雅楽寮式の「伎楽」の「楽戸郷」の原注に記されており、室町時代には観阿弥、世阿弥の父子により大成された「能」の発祥地としても知られ、また観阿弥、世阿弥は森屋郷の出身で氏子であったという説もあります。村屋神社の代々神楽は、こういった古代芸能からのなごりと言えるでしょう。
平神楽(ひらかぐら) 三三九度(さんさんくど)
動画1      動画2 動画
扇の舞(おおぎのまい)
動画1   動画2
榊の舞(さかきのまい) 二本剣の舞(にほんつるぎのまい)
動画1  動画2 動画1  動画2
一本剣の舞(いっぽんつるぎのまい) 矛の舞(ほこのまい)
動画1  動画2 動画1  動画2
薙刀の舞(なぎなたのまい)
動画1   動画2
銚子の舞(ちょうしのまい)
動画1  動画2
湯立て神事(御湯の舞)(ゆだてしんじ/みゆのまい)
動画1  動画2