由緒・御祭神

奈良県磯城郡田原本町蔵堂に鎮座
主神:三穂津姫命  配 大物主命

延喜式内大社で、旧県社、大神神社(オオミワジンジャ)の別宮。
日本書記によると、主神 三穂津姫命(ミホツヒメ)は、高皇産霊命(タカミムスビノミコト)の姫神で大物主命(オオモノヌシノミコト)が国譲りをされたときその功に報いるためと大物主命の二心のないようにという願いから、自分の娘を贈られたという神話に出てくる神である。
この故事から縁結びの神、家内安全の神として信仰され、大物主命は大神神社の祭神で、その妃神を祭っていることから、大神神社の別宮とも称せられている。
かつて、この地では正月の大とんどで大神神社と村屋神社の火種子をもらって帰り、みよと(夫婦)火とし、それで雑煮を炊いて1年の家内安全を家族で祈願していたという習慣が残っていた。

「延喜式」神名帳 式下郡に村屋坐弥冨都比賣神社・村屋神社・久須須美神社・服部神社が記載されており、天武天皇元年(673)壬申の乱のとき村屋神が神主にのりうつって「わが杜の中を敵が来る。社の中つ道を防げ」と大海人皇子方の大伴連吹負将軍に軍備に対する助言をした。この功績によって神社として初めて位を天皇から賜ったと日本書紀に記されている。
その後も何度か位を賜り現在正一位森屋大明神の呼称が残っている。
壬申の乱の功を後世に伝えるためにこのとき功のあった三神を回る御渡が例祭に行われていた。三神とは村屋神を祭る村屋神社、事代主命を祀る久須須美神社、生雷神を祀る森市神社である。

天正の頃(1580年頃)戦火に遇い社地を奪われ財源がなくなり、一時祭祀は中絶していたが、慶長4年(1599年)52代神主大神 守屋政重によって、現在の規模に縮小して再興を果たしたとされている。