祖霊舎・霊璽

祖霊舎とは

神道では霊璽(れいじ)に故人の御霊(みたま)を移して、家庭でお祀りすることにより、故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。
故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎(それいしゃ)は、御霊舎(みたまや)、神徒壇(しんとだん)、祭壇宮(さいだんみや)ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。

祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。
新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。
祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。
祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。

祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。
お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手を打ち、1回お辞儀をする二拝二拍手一拝の作法でお参りします。
お参りの順番は神棚を先に、祖霊舎はそのあとに拝礼します。

祖霊舎の置き方・祖霊舎の安置場所・方角・向き

祖霊舎(それいしゃ)は、その中に故人や先祖の御霊(みたま)が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札を祀る神棚とは別に安置します。
神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。
南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。

リビング
チェストの上
畳の和室

霊璽(御霊代)とは

神道では霊璽(れいじ)に故人の御霊を移して、家庭でお祀りすることにより、故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。
仏式の位牌にあたる霊璽は、御霊代(みたましろ)ともいわれる故人の御霊が宿る依代で、最も丁寧に扱わなければならない神聖なものです。

葬儀において仮の霊璽を使った場合は、五十日祭までにきちんとした故人の霊璽をつくり、五十日祭が終わると家庭の祖霊舎(御霊舎・神徒壇・祭壇宮)の中にお祀りします。
神道では一般には五十日祭をもって忌明けとなります。

神道では仏式の戒名に当たるものはありませんが、神社の神職から霊号(れいごう)をつけていただきます。
霊号は氏名の下に男性の場合「大人(うし)」、女性の場合「刀自(とじ)」をつけ「○○○○大人命」「○○○○刀自命」とする場合もあります。子供の場合「彦」「姫」をつけることもあります。

霊璽はさまざまな形があり、鏡などが使われる場合もありますが、角形の白木に上からかぶせる覆いがついたものが一般的です。スペースに余裕がない場合は、10名分まで1つにまとめることのできる回出型もあります。
覆いをとった中の白木の表面には霊号を「○○○○大人命」、裏面には亡くなった年月日、亡くなった年齢を「平成○年○月○日帰幽 享年○歳」などと記入します。
霊号を書いた霊璽は、覆いをかぶせて祖霊舎の奥の内扉の中に祀ります。

祖霊舎の飾り方、祀り方

祖霊舎には、扉の正面に鏡をすえて、米、塩、水、酒、榊、灯明、真榊、供物などをお供えします。

神葬祭について