境内摂社

村屋神社

延喜式内社 旧 式下郡 蔵堂
祭神:経津主神(フツヌシノカミ)・武甕槌神(タケミカヅチノカミ)
室屋大連神(ムロヤオオムラジノカミ)
大伴健持大連神(オオトモノカケモチオオムラジノカミ)

経津主、武甕槌二神は春日四神の内の二神であることから、春日神社とも言う。
大連二神は壬申の乱(672)に、吉野軍の将として活躍し、功績が高かったため、天武5年に合祀される。
この森屋郷は、古くは、室屋郷とも室原郷とも言い、室屋大連の神は、この地の出身ではないかと考えられる。
この神社は、元は大宮から200mほど東、初瀬川の川べりに鎮座されていたが、南北朝時代に兵火に会い、神領を没収せられ、社地を縮小せざるをえなくなり、本殿を守るような形で、前に向い合せの型で遷された。
明治の初めには、廃仏毀釈があり、仏教的なものは取り払われた。今二座が鎮座するところは、鐘楼跡と言われている。
壬申の乱に功績のあった三神の日本書紀の記述では、高市の事代主神、身狭の生霊神と二神は神名まで表記されているが、村屋神は地名だけ、神名がない。あるいは、村屋神社の二神ではないかとも思はれる。本社彌冨都比売神は女神であり、戦にはしっくり来ない。経津主神・武甕槌神の方がふさわしく思うが、決定する資料がない。

 


服部神社

延喜式内社 旧 式下郡 蔵堂
祭神 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
天之御鉾神(アメノミホコノカミ)

服飾関係を司る神である。
これより西2kmばかりの所に、大安寺村字神来森(カキノモリ)という土地がある。そこに鎮座して波登里村(ハトリ)・阿刀村(アト)の氏神であった。
祭礼には、氏子が盆に綿を盛り、その上に十二祷を乗せてお参りした風習があった。今は、綿の栽培がなくなったので、此の風習はなくなった。
元弘年間(1331ー34・南北朝)の兵火に遭い社地を没収される。更に天正年間(1573–92・織田信長)にも兵火に罹り、神主が御神体を背負い本社(式内・村屋坐弥富都比売神社)境内に遷したと言われている。
この頃、波登里・阿刀村も消滅して、神社の経営成り立たず、そのまま本社境内末摂社となる。と同時に、壬申の乱の神功を称えるお渡りも中断するに至り、未だ復興することができない。

建築について

切妻造妻入り見世棚造庇付カラー鉄板葺である。
柱間56cm位の社殿で、自然石の基壇上に土台を廻し、方柱を建てる。
柱天端は直接桁を受けている。中央板扉両開き、他面板壁、見世棚下部は正面のみ板壁他面解放である。身舎、庇部分共板軒で、屋根勾配の緩い小社である。

 


物部神社

祭神:「炊屋姫命、宇麻志摩遲命 配 物部守屋連」
由緒不祥、神主の祖神を祀ったといわれている。

久須々美神社(クスズミジンジャ)
(通称:恵比須神社)

延喜式内社 旧 式下郡 蔵堂
祭神 天之久之比神(アメノクスヒノカミ)
事代主神(コトシロヌシノカミ)
経津主(フツノヌシ)

大国主神の子、事代主神であることから、若宮とも呼ぶ。
元は、今の蔵堂橋の南のたもとに鎮座、伊豫氏(伊予戸氏)の氏神であった。
この神社の南を南市場垣内(現森屋垣内)北を北市場垣内という。更に南へ行くと、幸市・市町等の小字が残る。
古道・中ツ道と筋違道の初瀬街道と交わる位置にあることから、本社祭礼に近郷から参詣者が多く、地の産物を供え、残りを交換し合って市場が出来たと云われている。
天正(1573-91)の頃、織田信長と十市氏の戦いで兵火に合い、市場衰退し、田原本藩ができることによって、商人が移住、ますます寂れることになった。明治の初めに、現在の位置に移される。
祭禮は12月23日、夕刻 青竹の先に鯛を2匹と大根、人参を吊る
して神饌とする、いわゆる三夜祭が行われていた。
本社祭禮には、壬申の乱の功があった三神を巡る御渡が行われ
ていた。事代主神を云われるこの久須々美神社と、大安寺の森市神社(生霊神)を巡り、本社にもどっていた。元弘年間(1331-3)の兵火で社地没収され、御渡りは廃絶し、現在にいたっている。

建築について

切妻造妻入り見世棚造庇付カラー鉄板葺である。柱間48.5cm位の社殿で、自然石の基壇上に土台を廻し、方柱を建てる。柱天端は直接桁を受けている,中央板扉両開き、他面板壁、見世棚下部は正面のみ板壁、他面解放である。身舎、庇部分共板軒で、屋根勾配の緩い小社である。